福岡市立こども病院

院長挨拶

ご挨拶

院長イメージ

2020年2月から国内で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行し始め、本年で3年目に入りました。院内にCOVID-19対策本部を設置し、万全の感染予防対策のもと診療を行ってきました。感染予防のため、患者及びご家族の皆様方には、面会制限(禁止)等にご協力いただいておりますことを心より感謝申し上げます。新型コロナウイルスは変異を繰り返し、現在はオミクロン亜型BA2が主流になっています。デルタ株に比してその多くは軽症ながら、感染力は強く、保育園、幼稚園、小中学校での学級・学年閉鎖が多発し、家庭内感染等による職員の出勤停止が頻発しています。入院時のスクリーニング検査で陰性であっても、翌日の検査では大量の新型コロナウイルスが検出される例が見つかり、完全な感染予防の困難さを痛感しています。新型コロナウイルス感染症は現在まだ2類相当ですが、5類になった時にどう対応していくかを考える時期に来ています。

当院は、厚生労働省DPC(診断群分類)公開データにおいて、先天性複雑心奇形に係る手術症例数及び川崎病入院患者数について、成人を含む全国のDPC病院の中で6年連続全国一となりました。また、川崎病の臨床研究については、当院が主体で作成した論文が日本川崎病学会(2021年) 第22回川崎賞を受賞するとともに、2021年の英語論文の質(インパクトファクター)においては全国の大学小児科や小児病院の中で日本一でした。さらに市立病院機構でDX (デジタルトランスフォーメーション)グランドデザイン2022を策定するとともに、情報システムやセキュリティを機構全体でマネジメントしていくことを目的として、企画情報推進室を設置しました。今後、診療・地域医療・運営の面でDXを推進していく予定です。

2022年総務省の推計によると、日本国内の4月1日時点の15歳未満のこどもの数は1,465万人と去年より26万人減り、41年連続の減少となりました。1950年には35%を超えていた総人口に占めるこどもの割合は11.7%まで落ち込み、2021年の出生数も84万人と過去最少を更新しました。若い世代が子を産み・育てたいと思える社会、経済的にも安心して出産育児ができる環境の整備が急務となっています。

政府は子どもの最善の利益を第一に考え、子ども政策が我が国社会の真ん中に据えられる社会を目指すため、“こども家庭庁”を2023年4月に発足する予定です。こども家庭庁の創設により、こどもと家庭の福祉・保健その他の⽀援、こどもの権利利益の擁護の⼀元化、年齢や制度の壁を克服した切れ⽬ない包括的⽀援、就学前の育ちの格差是正など、こども・⼦育て当事者の視点に⽴った政策が掲げられています。成育基本法のもと、こども家庭庁の創設で、安心して子どもを産み、育てやすいChildren Firstの社会になりますことを願ってやみません。

“MVP (Mission, Vision, Passion) を持って小児・周産期医療に従事しMVP (Most Valuable Professional) になる”ということを全職員の目標としています。健全な次世代育成のため、日本・世界の病める子どもたちの未来のため、小児・周産期医療に更に貢献できる病院となるよう全力を尽くしてまいります。今後とも皆様からのご支援、よろしくお願い申し上げます。

2022年6月吉日
地方独立行政法人福岡市立病院機構 理事長
福岡市立こども病院 院長
原 寿郎

院長略歴

1977年 九州大学医学部医学科卒業、九大小児科入局
1996年~2015年3月 九州大学大学院成長発達医学分野/医学部小児科教授
2008年~2013年 九州大学病院副病院長
2011年 アジア小児医学研究学会会長
2011年~ アメリカ小児科学会名誉会員
2011年~ 日本学術会議連携会員
2015年4月~ 福岡市立こども病院院長
医学博士(九州大学)、日本小児科学会専門医

President Message

Fukuoka Children's Hospital (FCH) has been providing advanced medical care for children in Western Japan since 1980. The hospital was newly built at the east district of Fukuoka city in 2014. The hospital is bright and wide, and is filled with state-of-the-art diagnostic and therapeutic equipment in a caring and healing environment. FCH has Cardiovascular Center, Perinatal Center (Obstetrics, Neonatal Intensive Care Unit: NICU, and Growing Care Unit: GCU), Pediatric Intensive Care Unit (PICU), and High Care Unit (HCU), including 26 departments. The new hospital is aimed to provide advanced specialized medical care with high quality and safety, as well as pediatric and perinatal emergency care. In 2016, we newly set up Maternal-Fetal Intensive Care Unit (MFICU) and additional NICU beds to strength perinatal care.

We opened Kawasaki Disease Center in July 2015, Epilepsy Center in October 2015, Locomotive (Bone, Joint, Muscle and Nerve) Center and International Medical Support Center in April 2016, and Nephrology/Urology Center in April 2017. FCH Cardiovascular and Locomotive (Bone, Joint, Muscle and Nerve) Centers are ranked among the best in Japan for the management and treatment of complex anomalies. In April 2019, Department of Fetal Cardiology was opened to promote accurate prenatal diagnosis and better postnatal treatment. Kawasaki Disease Center provides the most comprehensive care including registration, consultation, diagnosis, treatment and transition in collaboration with Kyushu University Hospital. FCH is treating the largest number of patients with Kawasaki disease in Japan according to the DPC Public Data from the Ministry of Health, Labor and Welfare, Japan. I performed sophisticated research and clinical trials as a principal investigator of Kawasaki Disease Research Project (the first project: 2014-2016, the second: 2017-2019) granted by Japan Agency for Medical Research and Development (AMED).

Our mission is to provide family-centered, individualized high quality care with state-of-the-art technology to every child, regionally and globally, in a friendly environment. In addition to primary pediatric care, every pediatric medical or surgical specialty is available to provide focused care for children. All staffs are aiming to become MVP (Most Valuable Professionals) with MVP (Mission, Vision, and Passion). We also recruit young enthusiastic individuals who want to make a difference in pediatric care in a positive work-life balance with many opportunities for education and experience. We are planning to perform more clinical research.

Since 2020, SARS-CoV-2 pandemic has been attacking the world. We understand that it can be an especially anxious time for patients and their families. FCH has been making maximal efforts to prevent patients, families, and staffs from COVID-19. We hope that the COVID-19 vaccine will bring the pandemic to an end. Year 2020 was our 40th anniversary. Due to COVID-19 pandemic, we did not hold a commemorative party and lecture. Instead, we provided Web lectures in FCH homepage and published the 40th Anniversary book of FCH.

The health and safety of patients is our absolute priority, and all the staff have been doing their best to provide medical care of safer and higher quality.

April, 2021
Toshiro Hara, MD, PhD.
President,
Fukuoka Children’s Hospital

Biography

1977 M.D. Graduated from Kyushu University
1983 Ph.D. Kyushu University
1996~2015 March Professor and Chairman, Department of Pediatrics, Kyushu University,
2008~2013 Deputy Director, Kyushu University Hospital
2011 President, Asian Society for Pediatric Research
2011~ American Academy of Pediatrics Honorary Member
2014~ Principal Investigator, Kawasaki Disease Research Project granted by Ministry of Health, Labour and Welfare in Japan
2015 April~ Director, Fukuoka Children's Hospital
  • 広報誌 地域医療連携室 ニュースレター
  • FCHO 地方独立行政法人福岡市立病院機構 福岡市民病院 FUKUOKA CITY HOSPITAL
  • (財)日本医療機能評価機構病院機能評価認定病院
  • 病気の子どもと家族の滞在施設 ふくおかハウス